江戸川区 鍼灸 平井鍼灸院 HOME 症状別日記 カフェインと自律神経の関係性は・・・? ‐東京・江戸川区・平井‐

カフェインと自律神経の関係性は・・・? ‐東京・江戸川区・平井‐

こんばんわ、鍼灸師の中村です。

先日は、住吉鍼灸院で受付をやっている、
石川さんの舞台を見に行ってきました^^

普段見れない姿が見れると新鮮ですね!

系列院のスタッフもたくさん集まって、
楽しく過ごすことが出来ました。

石川さんの人望ですね^^
ありがとうございます!


本日のテーマは、【カフェイン】です。

カフェインを絶つことは、
院でもよくお伝えしています。

カフェインは、
交感神経を無理やり働かせる作用があります。

なので、元気になったような気がしてしまうんです。

しかし、あくまでも「気がする」だけで、
実際は元気になっていません・・・。

自律神経失調症やうつ病の方は、
ただでさえエネルギーが低い状態です。

そこにカフェインを摂ると、
なけなしのエネルギーをさらに使ってしまいます。

そして症状としては、
「不眠症・動悸・頭痛・胃腸機能低下」
などが起こりやすくなります。

カフェインは習慣性がありますが、
症状が治まってからしばらくの間は、
お休みすることをおすすめします。


最初は辛いかもしれませんが、
落ち着くまでは試してみてくださいね。

最後までお読み頂き、
ありがとうございます。

平井鍼灸院のご案内

【住所】〒132-0035 東京都江戸川区平井4-11-3 サンライズエンドウII 4F
【アクセス】JR平井駅徒歩1分

地図

メールでのお問い合わせはこちらをクリック

平井鍼灸院外観イメージ


ページ上部へ戻る