江戸川区 鍼灸 平井鍼灸院 HOME 症状別日記 鍼灸で考える、起立性低血圧(自律神経・血管・倦怠感)ー東京平井

鍼灸で考える、起立性低血圧(自律神経・血管・倦怠感)ー東京平井

こんにちは、平井鍼灸院の石渡です。

中村先生が今月から美容鍼の技術習得に半年間、船橋にある系列院の鍼灸美容整体サロンenergyに移動になり、

入れ替わりで美容整体を得意とする柔道整復師の高野先生が来て下さりました。

新体制の下、治療を通して皆様の健康をサポートしていきます^^


------------------------------------------------------------------

本日のテーマは【自律神経の乱れと立ちくらみ】です。

〝立ちくらみ〟とは起立性低血圧といい血管の収縮が障害されて起こるもので、
自律神経失調症でみられる症状です。


立ち上がった際に頭の位置が急に上がります。
その際に上がった分の血液を高く持ち上げなければ
脳への血液の流れが一時的に滞ります。

本来血液によって運ばれる
酸素糖分
が止まってしまうので脳の活動が鈍るので、

〝立ちくらみ〟

を引き起こします。


メカニズムとして
自律神経が正常であれば、
立ち上がった際に一瞬血圧を上げることで
脳内へ血液を送ることができます。

しかし、
自律神経に乱れがあると、
一瞬血圧を上げることが出来ず
ゆっくり血圧が上がるため
〝立ちくらみ〟が起きます。


〝立ちくらみ〟が頻繁に起こる場合は
自律神経が乱れていますので治療や休息
を考えて下さい。

最後までお読みいただき
ありがとうございます。

平井鍼灸院
鍼灸師 石渡 圭亮

平井鍼灸院のご案内

【住所】〒132-0035 東京都江戸川区平井4-11-3 サンライズエンドウII 4F
【アクセス】JR平井駅徒歩1分

地図

メールでのお問い合わせはこちらをクリック

平井鍼灸院外観イメージ


ページ上部へ戻る